上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
会社に入ったその日から今日まで私は現場研修をさせてもらっていました。

職布工場、ニット工場、染色工場、整理工場(織物の最後の仕上げ工場)の4つの工場の中で、毎日違う現場を見たりお手伝いをしたりして、どういう流れで製品が出来ているかを身をもって体験&勉強してきました。
学ぶ事だらけで、本当に学校の延長みたいな感じで毎日楽しくて仕方ありませんでした。

ところで私は一宮が毛織物の産地としつこく言ってますが、それについて私なりに学んだ事があります。
それは「産地=人間力」なのではないのか?という事。

現場を周って気づいたのは、機械が製品を作るんじゃなくて、人間が製品を作る為の補助として機械があるという事。機械は同じ動作を決められた時間するだけで、製品を作るにはかなり人間の長年の勘や職人技を要することがよくよくわかりました。

私より若い子が「今日のヨンマルソウシってさ~」と昼休みに話だしたり、「わしゃよー機結びして40年にもなるからよー」というおばちゃんや、汚い作業服のおっちゃんが「フラノっていうのはさ、」とか織物について解説してくれたり、とにかくみんないとへん。今まで小さな学校の中で話していたような会話を街全体で話しているような・・そりゃそういう会社に入っているから当たり前だけどさ、小さい頃、靴紐も機結びで結んでたんじゃね?と思っちゃうくらい、会う人会う人なんしか技なり知識をもっている。

そして、皆小さい頃からそういう環境で育ったからか、結構仕事が好きな人が多い。昔いくつか工場で働いた事あるけど、こういう雰囲気じゃあなかった気がする。みんな織物に触れて育っているっていう感じがする。

そんな人たちを見ていると、機械があっても同じ仕事は他の地域では出来ないと思う。こんな人材他では絶対集められないもんね。
そういうわけで、日本全国色々な産地があるけれど、産地というのは長い時間をかけて作られた「人材集団」でもあるのだなという事を思ったのです。


さて、楽しかった研修も終わり連休明けからいよいよ本社で企画の仕事に就きます。
GWはゆっくり休むとしましょう。


↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
やっと写真を撮ってきました。
のこぎり屋根
のこぎり屋根のお家。

改めて私の住む一宮の紹介をしたいと思います。
一宮名物といえば、この「のこぎり屋根」。
ここ、尾州というところは実は世界で2番目(だったかな・・)の毛織物の産地です。毛織物というのは羊の毛(ウール)の織物ですが、羊を飼ってる家はありません。その代わり、のこぎり屋根のお家があります。

昔産地がもっと活気があった頃は、そこらじゅうのお家でのこぎり屋根の工場を持ちそこに織機を置いて家内工業的に毛織物を織っていました。
おとーちゃんとおかーちゃんが朝から晩までガチャンガチャンと織っていたのでしょう。
もちろんうちの会社みたいな大きな工場もあって、そこで対応しきれないものなどは「出機さん」と呼ばれる小さな工場に頼んで織ってもらっていました。もちろん今でもそういうところはそこそこ残っています。

産地に活気がなくなった現在では、人々は口を揃えて「のこぎり屋根もすっかり減ってしまった。」と言いますが、私に言わせれば「しみちゃん歩けばのこぎり屋根に当たる」。猫も杓子ものこぎり屋根かというくらいそこいら辺にありまっせ?

のこぎり屋根
ここも
のこぎり屋根
ここも

実は家から会社に行くまでの10分の道のりにある風景の一部。今でも中で機を織っているところも3箇所あって、会社が始まるより早くから、そして土曜日もガッチャンガッチャンと頑張っている音がします。
そう思うと京都の西陣よりまだ活気がある気がするなぁ・・

他にも染色屋さんや整理屋さんの古い煙突や、昔、工場で働く人の寮になっていたようなお家など、古い建物が沢山残る街で、私はいつも違う道を通って新しいのこぎり屋根を発見したり機の音を聞くのを楽しみにウロウロ歩きまわっています。


あと、一宮は喫茶店の町、モーニングの町でもあります。

>>モーニング発祥の地、一宮

こないだ日曜の喫茶店で
「トーストは、バターか小倉かどっち?」
と聞かれ、「?」。意味がわかりません・・。
この辺りの人は工場勤めで勤めているから甘いものが好きで、トーストの上にあんこ(小倉)をのせるのが流行ったとか・・・。毛織物産地の副産物として、以外なものが流行るもんです。
そして結構これがウマいんだな!


そんな感じで一宮ライフを送っています。ちょっとは繊維の町、一宮の事が伝わったでしょーか・・
次回は産地の人々について書いてみましょう・・すごいんですわ皆様。



↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ
いや~引越ししてから1ヶ月もたっちゃいました。早いもんだ。

実は今まで新居にネットがなくて、やっとこさつながりました!ゆるりと更新を始めていきますです。

私は無事に人生で10回目の引越し(国内放浪)を終え、一宮市にひっそりと生息しています。
ちょっと心配おかけしましたが、ちゃんと生きて、生活してます!お仕事もしてまつ!
引越し
(京都から、クラスメイトのトラックを借りて自力引越しの図・・・こうして私はまた強くなる。。)

しかも、一宮に来てから私はとっても健康になりました!
というもの実は私は会社関係者(というとなんか響きが怪しいけど)のお一人暮らしの女性の家にとりあえずの間借りをしておりまして、しかも私のお母さんと同世代で同じO型人間なのですっかり甘えちゃっています。しょっちゅう食べ物を与えてもらい、温かいお風呂に毎日入らせてもらい、新聞を読ませてもらい、テレビを見させてもらい、ただいまーというと「おかえりー」と言ってもらい、、、ああ、人と住むって素晴らしい!と身も心も健康な人間になりました。
「顔色よくなったね」と人から言われる位です。

あの毎日カップラーメンを一人でpcの前ですすり、夜は埃と糸くずまみれのカーペットに倒れこみ、3日にいっぺんバケツで風呂に入り、寝癖だらけで穴の開いた服で登校していた、ばっちい捨て猫しみちゃんは、優しい人たちに拾われたのでした。。めでたし、めでたし。

というわけで、今の私は少々フヌケになっています。ふにゃらふにゃ子です。
今日は遅くなりましたが、就寝は毎日22時~23時。さあ、寝なくてわ!

つづく。


↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ


2010.03.18 一宮へ
今日から染織しみちゃんは第2部「社会実践編」となります。どこにも書いてないけどちょっとだけリニューアルしました。川島テキスタイルスクールは、"学校を卒業"ではなく"コースを修了"という形をとっていて、私は本科だけ修了しましたが、また勉強したくなったらいつでも次のステップを学びに再入学できるのです。

定年後にゆっくり手織り生活を楽しむ予定のしみちゃんは、あと30年後着物コースに再入学する予定です(結構本気)。それまではバリバリ働くのだ!

で、突然ですがしみちゃんは明後日愛知県一宮市に引っ越す事になりました!
こないだのジャパン・テキスタイルコンテストの表彰式の時、ちゃっかりしっかり職探しをし、最初はアルバイトからですが、一宮の毛織物会社で働かせていただくことになったのです!

中伝毛織株式会社という地元では有名な大きな会社です。
ここは織機を沢山持っているだけでなく、染色や織物整理などの子会社も買収した為生産のほとんどの工程を自社でまかなう事ができます。

織り工場
会社見学もしました。これは織物工場の経糸を巻く機械。でかっ!

染色工場
これは染色工場。大量の糸を一気に染めます。

そしてしみちゃんの最初の任務はその現場のお手伝い。つまり織るだけでなく、染色や織物整理の現場でも働けるのです!ヤター!すごい!
・・・と、簡単に喜べるような優しい仕事ではなかろう。。学校でわないのだ。ドキドキ。
でもやっぱり楽しみ♪
数ヶ月は色々な現場を周って勉強して、ゆくゆくは企画・デザインのお仕事もお手伝いさせてもらえるそうなのです。フフフフ・・・"テキスタイルデザイナーしみ"が誕生する日が近づいてきたゼ!

ただあんまり会社の事をブログでどこまで書けるかわかりませんが、個人的な作品制作も続けていきますのでまあ、ちょっと更新がゆっくりめになると思いますが、社会人復帰ミソジーをこれからも暖かく見守ってくださいませ。

一宮在住の皆さん、どうぞ仲良くしてください・・ドキドキ。。


↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ
2010.03.17 修了式
一年って早いもんです。
修了証書
本日修了式なり。

しみちゃんは悲しい事に今日で学校とお別れなのです。
勉強し足りない事なんてまだまだ沢山あってやっと織物の入り口に立っただけですが、娑婆で稼ぎの少なかった私は早々に働きに出ないといけなくなりました。

学校最後の日
今日でこの当たり前の風景ともおさらば。

でもまだ寂しさも何もこみあげてきません。色んな事が今日でサヨナラなのに。

去年の4月1日の入学式の日、満開だった川島の桃の花は、今日新しい新入生を迎える為につぼみを膨らませていました。

なんて言葉で締めくくったらいいかわかりません、ほんと。
とにかく一生で一番勉強した場所でした。一生で一番濃い一年、自分と一番向き合った一年、一番苦しかった一年、一番をとった一年、一番が一番いっぱいの一年。焼き鳥といえば一番(関西圏の居酒屋ね)。

自分と自分の作品が一番で、クラスメイトはじめ色んな人に迷惑かけました。でも、私は迷惑かけて我がまま放題だった分の事はやっていきますよ。とにかく一年前の迷ってる私はもういません。攻めのしみちゃんがここにおります。

ま、といいつつマイペースしみちゃんでこれからもいきまース。
まだブログ続けるので見てね。今後のしみ進路はまた次回。


一年間ありがとうございました。


↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。