上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シルバーウィーク中にまた私は四国に渡り、御在所岳の前尾根というクライミングルートを登る為の練習をしてました。クライミングをするのは実に4年ぶりでチームに参加させてもらえるかどうか瀬戸際でしたが、日々裏山に登ってダイエットを続けた甲斐があり、9月末の週末に登ってきました。

御在所前尾根
別のチームが隣の岩場を登ってます。真中にいるオレンジの人が見えるでしょうか・・

御在所前尾根
初鈴鹿山脈です!伊勢湾が見えてかなりの展望。黒いヘルメットの私が手前におります。

御在所前尾根
巨岩ゴロゴロ。私が履いてる水色のパンツは股引パンツのサンプル。

実は今回は股引パンツでクライミング&登山実験も兼ねておりました。ちょっとデザイン重視で股上の浅さに問題がありました。ハーネスと一緒だとすごくずれて要改良・・・

あと、もういっこすごく実感した事がありました。
シルバーウィーク中に徳島の剣山に初のシャワークライミングに行った時のこと。

剣山シャワークライミング
川の真中を登っていきます、岩と同化してますが黒い服で登ってます。

剣山シャワークライミング
でもすごい水圧でこんな小さな岩も登れず。。知りませんでした、こんなずぶ濡れになるなんて・・・

剣山シャワークライミング
こんな高いの絶対無理・・・

剣山シャワークライミング
テント場で服を乾かす・・

で、何が分かったかというと、ウールのアンダーウェアーを着ているかどうか!
私を含むポリエステルのアンダーを着ていた2人は低体温症気味で途中からガタガタ震えてしまいましたが、ウールを着ている人はケロリとしてました。あの実験を思い出しました。やっぱりアウトドアにはウールだ!

剣山シャワークライミング
着替えてビールを飲む!幸せ~

夜は寒いし風は吹くし、歩けば暑いし雨は降るし、やっぱり外で遊ぶと生地の機能性という事が身をもって勉強できますね、遊びも勉強!と一応正当化しておこう・・。

ついでに翌朝の剣山山頂。
御在所前尾根
ほんとにいつ来ても楽しませてくれるっす、また冬にーー!


↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
2009.09.11 学校の裏山
最近ダイエットと体力づくりの為ウォーキングを始めました。普通の道じゃつまらんと、周辺を散策しながら歩いていたら、学校から見える清掃工場の裏山の登山道を発見!家から山頂往復で90分。うーん丁度いい距離♪

向山ルート
ルートは多分こんな感じだと思う・・・

山の鞍部に着くとこんな標識がでます。
京都トレイルと合流
京都一周トレイルと合流!

学校のある場所は京都の市原という鞍馬山のすぐ南にあります。
つまりここは京都の碁盤の目を囲む山々の間で、その山々を歩く京都一周トレイルとぶつかっているのでした。まさかこんな近くを通っているとは・・

そしてそれからさらに350m程東へ登ると山頂!高さ400m位。
向山山頂
地味な山頂ですが・・・

山頂は視界があまりよくないのですが、ほんの一部分開けているところがあって、そこからなんと京都タワーが見えてしまうのです!
向山山頂からの展望
京都タワーよりずっと遠くも見えてまーす

いろいろ不便な市原ですが夏のホタルとこの展望は最高でっス!しゃーわせー


↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ
今回初めて趣味の登山の話をします・・息抜きにどうぞ。

21日の晩神戸で審査を終えた後、速攻で京都に帰り、山支度を整えた頃、香川から登山仲間が私をさらって行ってくれました。学校は23日から始まるので、私に残されたお休みはあと2日!ギリギリまで遊ぶねん!
そして目が覚めればそこは山梨県。コンニチハ。

男性陣は北岳バットレスと呼ばれる岩壁をクライミングで登り、私は徒歩で頂上へ。日本で2番目に高い山で富士山を真横から見る景色がとても不思議でかっこよかったです!

後ろ前逆
シャツが前後ろ逆のまま登っていた私。しかもズボンにイン!


紅の富士山
思わず手を合わせたくなる風景・・謹賀新年・・・

八本歯のコルへ
パッキリ晴れてました!


久しぶりに山でこんないい景色が見れました。次は私もクライミングで登るぞー!
という事で、これで本当に「夏が終わったなー・・」という感じがしました。

いろいろあったけど、充実したいい夏でした!


↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。