上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.04.29 都をどり
今日は学校の先生が祇園の町家で展示会をやっていたので、友達と一緒に見に行ってきました。

先生が作る作品はいわゆるファイバーアートというジャンルのもので、実用的なものしか作らない私とは違う、というか誰とも違う楽しーい作品ばかりで、すごく私は刺激を受けます。(そいえば成長する服の先生です)

先生の阿修羅をイメージした作品の中に入って写真をとらせてもらいました。えいっ
w0043.jpg
羽衣は宙に浮いてます。

私は先生がものを作るエネルギーをすごく感じます。いつも学校の廊下を走っているし、よく話し、よく笑う先生ですが、それくらいいつもエネルギッシュだから、芸術は爆発するんだろうな。
よく食べ、よく寝るだけじゃ駄目かな・・

さて、ちょうど四月は祇園で都をどりがあって、せっかくだから見ておこうと急遽チケットを購入。
一番後ろの遠い席だったんですけど、そりゃーもーなんとも華やか!
衣装は着物は友禅、帯は西陣で毎年この為にあつらえているとか。
踊りの最中に食べようと買っておいた柏餅の事を忘れるくらい、見入ってしまいました。
う~ん、日本ってすごい!帰りにポケットから、あんが飛び出た柏餅がでてきました。

撮影禁止だったので写真はありませんが、見てくださいコレ!
w0047.jpg
って見えないか・・・

会場の緞帳が「川島織物」のものでした。
なんだかちょっと嬉しいのです。

来年の春も、もっと近くでみたいなーと思いました。
めでたしめでたし。

↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
もう今日から私たちはGWに突入しました!ワーイ

昨日の授業で発見した事をひとつ。

蜂巣織りという組織は8回緯糸を通して1セットというものです。

w0045.jpg
先生の見本は、5cmの中に5セット。

性格が穏やかな隣の機の子は優しくパタンパタンと織るので
w0046.jpg
4セット。

さて、私はというと・・・
w0044.jpg
でました新記録!9セット!!

どんだけ糸の打ち込みが激しいのかと自分でもちょっと驚きました。
織りあがった手触りもきっとみんなより固いはず。こんなに自分が荒くれ者だとは思わなかった・・・
なんでもそうだけど、織りも中身がでてしまいますね。。

オホホ。

↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ
昨日から寒い!こっちは手袋が欲しいくらい冷えてます・・・。
「衣替えいつしたらいいんだろうね・・」と友達が話していましたが、確かに今でも毎日フリースを着ています。
特に今日は寒すぎてコンビニに行ってチョコを買ってしまいました。・・・凍死しないように。

昨日の日曜はついに上賀茂神社の手づくり市に行ってきました。手作りのものだけを売っているフリマみたいな日曜市で、私と友達もこれに出品しようと目論んでいて買い物というより視察気分。

w0041.jpg
分かりにくい写真・・ブルーシートのお家じゃないよ

多かったのはアクセサリーや手作り小物ですが、中にはお米やパンなども売ってたりしました。
抽選に当たれば来月出展できるのですが、何を売るのか?それはまだ秘密・・・(いやいや決まってないわけじゃないんですけど・・・)自分の実力試しに挑戦してみようかと思います。

さて私は5月の2日に友人の結婚式がありまして、実はご両人そろって大学の同じ部員の子なのです。という事は結婚式に来る友人も部員が多く、半同窓会になりそうです。
そんな中私は自作のドレスを着ていっちゃおうとはりきっちゃってます。

w0042.jpg
(タートルネックはすべりどめで着せてます)

すっごい作りかけ感あふれてます・・お恥ずかしい。ちょっと花を適当につけすぎたのでもう一度全部やり直す予定。完成したらちゃんと写真載せますが、かかりっきり(になりたい)のでブログの更新はゆるやかになる見込みです・・あしからず~


↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ
2009.04.25 帽子作り
金曜日はデザイン演習の日で帽子作りの授業をしました。

実は帽子コンテストインナゴヤ2009に1年生皆で応募することになり、その練習第1弾です。応募はデザイン画だけなのですが、6月の研修旅行では名古屋の帽子デザイナーさんのところへ1日修行に行って特訓もするそうです。ワクワクワクワク。

一見織りと関係なさそうな話ですが、私たちはテキスタイルという視点からデザインを考えてみましょうね、ということでした。なるほど。
w0039.jpg
私が作った帽子はこれ。

皆は学校から配布された無地の帽子でしたが、私はこの帽子授業があるのを知っていたので、ちゃっかりイタリー製の生地ざますを持参したざます。
生地屋のおっちゃんに「かわいいセニョリータに・・」とおまけでもらったのが役立ちました。
リボンなどもつけてみてもう少し華やかにする予定。

さー連休まであと少しですね。
今織りの授業では、組織の続きで実際に織りがスタートしました。
w0037.jpg
天秤式の機

天秤式機チームはこの間の練習問題の織りを進めています。左側に問題用紙が貼ってありますね。

w0038.jpg
こっちがドビー式織機

ドビー式は写真右上に木のクルクルまわるのがついていますが、ここについているネジを最初にセットすると、経糸の操作を勝手にしてくれます。なので、踏み木は1個しかないので手元だけに集中できます。

と、こんなかんじ。6月末までみっちりやっていきます。

関係ないけど、見てください↓
w0040.jpg
太陽の周りにでっかいわっか!

学校でこんなものがみれました。なんだろうこれ!
田舎だからかなー・・



2009.04.22 糸を結ぶ!
昨日の雨でカエルが鳴き始めました。こっちに来た時は桃の花が咲いていてすごく寒かったのに、季節が変わってきましたね。

さて、昨日の授業の様子を少し・・

月曜から別の魔法使い先生に弟子入りした1年生。練習問題にやられた次の日は糸の結び方のお勉強です。
そう、私たちは糸を扱うのでやっぱり状況に合わせて色々な結び方を知らなくてはいけません。
しっかり止まるけど、すぐほどける。引っ張ればすぐ抜ける。すぐに糸と糸をつなげれる。結び目が目立たない。絶対にとれない。物を上から吊るす。物を上まで揚げる。川で流された時に投げ出されたロープと身体の結び方。首つり自殺に最適な結び方・・・等々。(もちろん冗談でですよ!)

いやーいろいろあるもんで、一気に教えられてまた皆パンク気味。
うまく結べなかった男の子が「俺、もう川で泳いで遊ばれへん・・」とナナメ下を向いていました。
大丈夫だって・・

午後はその中の一つの結び方を使って、そうこう(経糸を通して上下させる場所)を手作りしました。
その数320本。1本につき3ヶ所結ばないといけません。
w0034.jpg
木と釘で出来た台を使って出来たのが、紐のそうこう

320×3=960回

結べるかーっ!

とは言えません。まだ1年生ですから。w0035.jpg
魔法使い先生はほうきに乗って帰宅。そして皆居残り。

月曜の宿題を夜9時半までやっていた子が、この日は夜1時までかかったらしいです・・
水曜日フラッフラ。


でもまた私は帰ってからまたカード織に挑戦。
今までのはガタガタすぎて嫌になり、あまった糸で新しい柄に挑戦しました。
w0036.jpg
帽子をかぶった女の子柄

ちょっと左はじの子たち、半分人間になってますが・・
この柄は先生がやってたのを少しアレンジして作ったものです。この人間柄をやってやっと自分がやってる事がわかりました。

もっとサンプルをいっぱい増やしていいもの作ったろうと含み笑いをしております。フッフッフ



↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ
2009.04.20 組織
今までで一番辛い一日でした。
今日から新しく「組織」の勉強がスタートしました。組織というのは要するに織物の設計図を書く勉強です。

w0032.jpg
エンピツで一マス一マス埋めていくのです

作りたい柄だけ書いても、それをうまいこと機にセットしなくてはいけません。経糸を通す順番・踏み足の順番・経糸と足の連動の順番などを計算して、柄を出していかないといけないのです。@3@;う~難しい。逆にすうどくとか得意な人は結構楽しいかもしれません。

私は頭が混線して、一つ前の問題がどうして自分が解けたのかがわからなくなったりしました。

この組織の授業は、北欧産の天秤式織機とドビー織機を使いながら6月一杯まで続きます。いろいろな機を触れるのはうれしいですが、果たして大丈夫だろうか・・・。

あと、まだ諦めていません。カード織り。
w0033.jpg
やっと50cmくらい

今まで使っていた自作のカードを外して学校で先生に市販のカードを貸してもらいました。だいぶスピードアップ!しかしテレビを見ながら織ってるとどっちに回していたかわからなくなって模様ぐちゃぐちゃに。。今日はもう嫌になったので止め!
時間かかるなぁ・・・
実は金曜の夜から、母が京都に遊びに来ていました。

うちの母も実は大学で京都に住んでいて、大学で住んでいただけなのに、なぜか7年も住んでいて(この事実は今回初めて知った・・)まあ、とにかく私なんかよりずーっと京都通なのです。

早速土曜は母を連れて学校案内に。
母は特に興味を示さずさっと出てきてしまいました。「どうだった?学校」と聞くと、
「なんか小さくて寺子屋みたいでいい感じだった」という感想。寺子屋って・・イメージわきにくいなぁ。。

今日、日曜は西陣織物会館へ私が行きたくて一緒に行きました。
観光客がわんさかいるなかで、本当の職人さんが織物の実演をしていました。やっぱり実際自分でやるとその難しさが分かり始めただけに、リズム良く、スーっ・パタン、スーッ・パタンと織っていく姿に見入ってしまいました。西陣織りの着物も展示されていて、絣の銘仙など珍しい柄も見れて一人興奮。
さらに1階では着物ショーが始まり、外国人観光客に紛れて一番前で凝視。
w0031.jpg
階段の上までビッシリ。

これまたモダンな柄が出てきて一人興奮。
あれ・・お母さん?

お母さんはこれまた特に興味を示さず、一人外へ。大阪に住んでいる兄を呼び出し、ここに来るように指令を送っていたようです。おーい・・・

京都好きの兄と合流しそれからは、兄が好きな寺などを見て周りました。
なんか山を降りて散策するのもいいなーとウキウキしていると、お母さんが横で疲れた顔をして、ソフトクリームが食べたいと言いだしました。またか!

実は金曜の夜、母は私の家に10時過ぎに着くなり、
「晩御飯食べてないのよー」とサンドイッチ・ドーナツ・カステラ・チョコ・じゃがりこを一気に食べました。私もそれにつられてじゃがりこを食べたら、下痢になりました。
私の学校は売店もないし、周辺にお店もないし、教室でも飲食禁止。知らない間に間食をしない習慣になっていたので、いきなりの夜中のじゃがりこはお腹に効いたのです。

という事で散策の間はずっとゴロゴロのお腹をさすっていました。なのにつられてソフトクリームも食べてしまいました。

2人と別れた後、初めて鴨川沿いを出町柳まで歩いてみましたが、なんか切ない感じなのでした・・

お母さんに振り回された週末の巻・・・完。


↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ
2009.04.19 基礎織り応用
そういえば、基礎織りの授業で、ちょっと時間があまったときに作った作品ができました。

w0030.jpg
ブタに目がいきがちですが・・手前が作品

色の制限をかけられていた衝動でかなりカラフルにつくりました。しかし、急いで作りすぎて端がガタガタになったので、こないだスカートを作った時にあまったジーパンのはぎれでふちどりしました。

それもミシンがガタガタなので、ブタちゃん入りの引き気味の写真となったわけです・・


↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ

2009.04.19 初めての染色
いつも日記が後追いになってますが、ちょっと金曜の日記。

金曜は初めての染色(糸染め)の授業でした!
代表的な4種類の化学染料のうちのひとつを使って、レーヨン糸を一人5色ずつ染めていきました。
基本的な染めの方法を学ぶのと同時にたくさんの色のサンプルを私たち1年生で作って今後の制作に役立つように色のサンプルをこれから1年間かけて作っていくそうです。

w0029.jpg
初公開の染織室。

当たり前の事ですが、今までの授業とは全然違う作業だったので最初は少し新鮮でみんなワクワク。
ビーカーとかメスシリンダーとかキャッキャッ言いながら触ったり、川島織物の会社で実際に使っている染織指図表に色のデータを書き込んで、「うち、職人っぽい」と一人ほくそえんだり、なんか今までと違う!新鮮!

そしてちゃんとノルマ達成。
w0028.jpg
きれいでしょー。

さすがに一日中熱い鍋の中で糸をこねくりまわしてると飽きと疲れがやってきましたが、染めた糸を見れば、「なんか俺たち頑張った」感がわいてきて満足&脱力。
この1日5色染めを今後の染色の授業でも染料を変えて続けていくそうです・・・うーんしんどそう。

先生も私たちのその気持ちが分かっているらしく、
「今は真面目にみんな来てるけど、夏頃から一人減り、二人減りって授業でてこなくなりがちだから、ちゃんと来るように!」
と最初に釘をさされました。はーい。

でも私が最初に学校見学に行った時、理事長先生が「この学校には魔法使いみたいな先生が何人もいるよ」とおっしゃっていましたが、この染色の先生もどうやら魔法使いのようです。

という事は私も魔法使い見習いですね。
by シミー・ポッター


↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ
で、先生がどんな本を見せてくれたかというと

拾ってきた石で宮殿を建てた郵便屋さんの本とか、フランスの古い教会の再生の為に家族ごと引っ越して10年をかけて活動をした美術家の話。
それからイヌイットの刺繍の壁掛けの本や、ミナペルホネンの織りと刺繍の本。
w0027.jpg
←これ以外の本はサイドバーに画像があります。みてみてね


こういうのをじーっと読んで家に帰るとまたムクムクと作りたい欲がわくのです。
あー私も時間をかけて作品を熟成させたい!とか刺繍がしたい!とか。。

で、今日はこれをしました。
w0024.jpg
一応カーテンでっす!

これは前の家でも使ってたのですが、今の家の窓とはサイズが合わないので今回ちょっと切ったりはったりして窓に合うようにしました。
そもそもこれは何かというと、要らないズボンとか自分で作ったけど気に入らなくて解体した服を組み合わせた私の創作カーテンで、ズボンの生地が厚くて寒くないしずっと吊ってても伸びないので結構イケてるやんと自分では納得の一品でした。
しかし私の部屋に入ってきた人は皆、まずこの汚い布(?)のカタマリにちょっと退き気味になります・・・
えーん

実は今日までこのカーテンはやめて綺麗なものを作り直そうと思っていました。でも帰ってきてふと学校の先生の服を思い出したのです。
それは遠くから見るとニューヨークのビル群でも書いてあるの?という感じのこまかーい柄のロングTシャツ。しかし近くで見るとそれは全て刺繍!先生が自分でしたものなのですが、なんと今でも刺繍をし続けている「成長する服」と名づけた服だったのです。


で、要するに今まで書いた事がすべてこんがらがって、
「私のカーテンも刺繍して育てていこう!」という事になったのです!

ということで早速少し刺繍をつけたしました。
w0025.jpg
あの、入校式のときのスーツの生地のはぎれです。

・・・一応海を渡って京都に来た時を抽象画風に表現してみました・・・いえいえイヌイットの方々と比べるつもりはありません!
ただ、ひたすらに自分の思い出をこうしてカーテンに刻み込んで生きていくのです、そしていつかこのカーテンが思い出だらけになった時、私の部屋に訪れた人は感動の涙を・・・!


…勝手にやってろという声が聞こえてきそうです。
寝ます寝まーす。


↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ
2009.04.16 基礎織り終了
ふーっ

金曜から続いていた基礎織りのサンプル作成がやっと終わりました。手機で織る最初から最後まですべての工程をし、さらに織るサンプルも平織・綾織・ななこ織など基本的な織をひととおりやってみるという内容でした。

w0021.jpg
こんなの作ってたんです

実は私はこの授業が苦痛で・・・
色も白とあともう一色しか使えないし、大切な基本だとはわかっていましたが、つまんなーい!と思ってしまう性分みたいです。

しかーし!明日もう一日だけは、これの応用で自分の好きなものが織れるんです!

ということで、
w0022.jpg
こんな柄を

w0023.jpg
こんな色で

織ることにしました。もちろん一番手前の一番派手な色のやつですよ・・

自分でやって失敗しながら覚えていきたいんです、私。

でも授業の間は実習だけでなく、先生がいろいろな話をしてくれました。
糸やお蚕さんの話や地方の着物の話や、京都の話などいろいろ。質問した事は全部次の日調べてきてくれたりして答えてくれたり、資料を持ってきてくれたり、そういう時間はとても楽しくて、今日も一人居残りして先生がもってきてくれた本をずっと読んでいました。

つづく…


↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ
2009.04.13 Gallery Gallery
もいっちょ日曜日の事。

山から下りた私たちは、今度は下界へ足を伸ばして四条にあるGallery Galleryという名前のギャラリーへ行きました。ここでは川島テキスタイルの学校の先生の作品も常時展示されています。

今日はカズ・スズキさんの作品を見ました。

織りは平織りだけですが、織りにとらわれていない、けど織りを楽しんでいるのがすごく良く伝わってくる作品で、色使いがすごく楽しかったりきれいだったりして、私はとっても心があらわれたしショックも受けました。私って頭固いなーとか先入観で織ってるなーとか、などなど・・

そして同じビルにはミナペルホネンという服屋さんがあったので覗いてきました。
ここのデザイナーさんはテキスタイルを学んだ人で、「日本伝統の織物、プリントの技術を活かしたテキスタイル(布)と、物語性のあるデザインとの調和」が特徴とされているみたいで、どの柄も全てかわいくてかわいくて、ぐぅの音がいっぱい漏れました。

なんでなんで私には何もできないんだー!という思いと、とにかく私も何か作らなくては!というはやる気持ちでカッカしてしてしまい、
100円で古着屋でリメイク用に買った45rpmのジーパンをダダダーッと一気にスカートにしてしまいました。
w0019.jpg
ズボンのすその部分で切り返しをつけました!

すそのごちゃごちゃはささやかな私の自己表現です・・・今日ギャラリーに行かなかったら、絶対つけなかったと思います。まあ自分では気に入ってるのでヨシとしましょう!

昨日は学校に入ってからまだ2週間だというのに、学校の友達と「一年なんてあっという間だね・・将来私たちどうなるんだろう・・」と早くも不安に頭をもたげておりました。

でも、とにかく何か織りまくる!作りまくる!をするしかないんだなーと再確認した一日になりました。
となると、お風呂入る時間がもったいないな・・・(御飯の時間は大事だけど。)
日曜日の日記。

今日こそ先週原付で下見に行った貴船神社と鞍馬寺に行こうと決めていました。
学校で「週末みんなで行こうゼ!」と声をかけて周り、ついに今日を迎えました。
お日柄も良く、朝から山が私たちを呼んでいるとしか思えない雰囲気・・・

集まったメンバーは!
w0018.jpg
たった二人・・ー3ー、、後ろの人は違います。

どうもみんな休みの日くらいは山を降りるといった雰囲気で、忙しそうな感じでした。
いつも暇なの私たちだけだね・・・

貴船神社は商売繁盛をお願いに来る人も昔から多く、織物師の人も良く来ていたらしいという事がガイドブックに書いてあり、私もいっちょまえに「良い織物が織れますように」とお願いしてきてしました!

貴船神社から鞍馬寺へは山道を歩いてショートカットできるハイキングコースがあるので、一緒にお参りをしましたが、鞍馬寺から見る景色はほんとすごいすごーい山深い景色でありました。
ここから原付で所要時間10分の場所に住んでる事に、私たちはただただ唖然としてしまいました。

5月1日から貴船神社近くの川では川床をつくって川の上で宴会ができるようになる、川床開きが行われるそうです。
w0020.jpg
おじちゃんが川床の準備中

また夏の暑い頃に今度はみんなで来ようね♪と二人だけの約束をしたのでした。
2009.04.11 カード織り
昨日から次の導入の授業に入りました。

今度は機織の流れを最初から最後まで出来るようになるという基礎の基礎を勉強しています。糸巻きから経糸を機にセットして、月曜からやっと緯糸を通し始める仕上げの作業に入ります。
使用しているのはカナダのルクルーク社製の機。
ちょうど今日は見学の方がこの機を見にきていました。この学校には老若男女国籍問わず、ほぼ毎日学校見学の方が来ます。機織好きには宝の山に見える事でしょう・・

w0016.jpg
すっきりコンパクトな機です。

今は太い綿糸でやっているので、思っていたより混乱や失敗はなく、初めて経糸を自分で張れたのがちょっとうれしかったです^3^

さて、土曜の授業は3時で終わりですが、この間からやりたかったカード織の作成に放課後とりかかりました。友達も見かねて手伝ってくれたのですが、時間が足りず結局織りは家ですることに。

w0017.jpg
これも腰でテンション張ってます。

これは川島テキスタイルスクールの先生が書いている本に出ていた技法なのですが、カードの四隅に穴を開けてそこに経糸を通し、カードをまわすことがそうこうの役割を果たして柄を出してくれるというものです。
私はこれでベルトを作っているのですが、作ったカードが厚すぎてカードがまわしにくく、2時間織って15cmしかすすみませんでした・・・今晩終わらせるはずだったのに!
くじけなければ明日完成写真を載せるのですが・・・

うーむ・・・
2009.04.08 腰機作品
今日で腰機の授業が終わりました。

「腰機を導入の授業でやったのは、機織りっていうのは大きな織機がないとできないというイメージがあるけど、腰機や枠機のように身近な道具を使ってどこででも出来るし、結構簡単なんだ!という事も知っておいてほしかったからです」
と先生がまとめの時おっしゃっていました。もちろん腰機にもいろいろ種類があってすごーく奥は深いですけど、なんか安心しました。道具が100均でも揃うという優しさ。

今回は私はみんなより早く終わったので、もう一つベルトを作ってみました。
w0014.jpg
ひも以上ベルト未満な感はありますが・・・

このベルトのセンスのなさ!はーー。。しかも細いものは腰機だとそうこうなどの棒が安定しにくく、織りにくかったです。良く見ると端が全部ぼこぼこです。
失敗も大事ですけどね。

ベルトのような太さを編むのには、カード織りというカードを使った、これまた簡単な織り方法があるのでこれも今度挑戦してみたいです。

先生は「この布せっかくだから何かに使ってね」っていうので考えたんですけど、
w0015.jpg
頭に巻く?

ぐらいしかいい案浮かばず・・

こんな事一人でやってないで寝まーす。



↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ
2009.04.07 腰機
昨日から腰機(こしばた)の授業をしています。

腰機とは自分の腰を機の一部として利用する織りの方法です。
織物を織るための最も古い形式の手織機のひとつで原始機とも呼ばれています。日本だけでなく、アジアや中南米、環太平洋地域などで今でも使われています。床に座る文化がある地域に多いのでしょうか?
とにかくこれまたどこでも出来る織物です。
w0012.jpg
私たちはこんな感じ。

月曜日から織る準備をしましたが、今日のお昼過ぎからやっと腰を落ち着けて織り始める事が出来ました。初心者の私たちは糸に翻弄されて頭の中がからまってからまって・・・苦難の道のりでした。

でも緯糸を入れ始めたら、枠機よりもスイスイ進んで楽しかったです。

私の作品はコレ。タイトル「スパイシーちゃん!」
w0013.jpg
水色の縞々は私のズボン。全体的に縞々してます・・

画用紙に糸巻いてありますがこれがデザイン案。太い縞と細い縞を組み合わせてます。
でも実際織って出てきた柄はテンテン・・・?うーん細い縞々が気に入ってたのに上手くでなくてちょっと残念。まだ織った後が上手く想像できません。
これも明日1時間もあれば完成します。

さて、今日は初めて友達をお家に招待していろいろ作戦会議をしました。

「どうやってバイトをしないでお金を稼ぐか」
という斬新なよくある会議です。

今一番有力候補が、学校で紹介してくれた
2009 伊丹国際クラフト展
で入賞して賞金を稼ぐという方法です。最高賞金60万円也!¥3¥チーン!
いや~目がくらみますねー。

それとか、
上賀茂手作り市
で商品がバカ売れし、とある有名ブランドのバイヤーにヘッドハンティングされる、という方法など。
いや~夢がふくらみますねー。

といいながら夜遅くまで飲み食いをして二人で腹をふくらませていました。
二人の未来に幸あれ・・・
2009.04.05 完成
入学して最初の日曜日。まだこの辺の事が何もわからないので、朝少し原付で学校を通り過ぎて北の方まで足を伸ばしてみました。

w0009.jpg
貴船神社は左へ2km。鞍馬へは右へ1km!手前は私のカブ。

鞍馬っていう名前は知ってるし、近くにあるらしいとも知っていたけど、こんなに近くにあるとは思いませんでした。5分も走らないうちにこの分岐についちゃいました。

さて、観光はまた今度学校の友達と来ることとしましょう。

今日はおとなしく学校で課題の続きをしました。今頃友達はスキーしてるんだろうなと思いつつ。
でも、学校に来て一人で居残りでもやっぱり織物している時は楽しいものです。

11時から初めて夕方4時にやっと完成。
w0010.jpg
バカボンのおまわりさんがいる・・・

これが一応私の「会話」のイメージです・・・。気にしないでください。。
毛を切りそろえて壁にかけて今日の作業は終わり。
w0011.jpg
隣は先に完成した友達の作品。私のボリューム大。

絨毯を作るのにノッティングという技法が使われますが、「自由にやってみなさい」と言われたピカピカの一年生の私は経糸に短い糸をひっかけただけで織っていきました。とっても簡単ですが、もちろん引っ張ればぬけます。でも壁掛け程度だったらそれでいいのかもしれません。

ただ、平織りの糸の太さと引っ掛けていった糸の太さが違う為出来上がりがナナメに。
なかなか思い通りにはいきませんね。さわり心地はよいので、今度はマットやクッションを作ってみたいです。

それにしてもスキー楽しかったのかな・・・ -3-
2009.04.05 入学式スーツ
画像が小さくって良く見えないっていうリクエストがきたのでちょっと大きめの画像のせます。
着て写すのはちょっと恥かしいのでマネキンで勘弁してください・・・。

w0008.jpg
スカートの切り替えしと、襟にパイピングをいれてます。
見てのとおり袖付けがうまくできなかったので肩があがりにくかったけど、結構気に入ってますよ。

2009.04.05 居残り・・・
エントリーは日曜日ですが、土曜日の日記。

枠機の授業は金曜日までの二日間で終わりでした。みんな出来上がった作品を枠からはずし、1年生の教室の壁に飾って完成!学校で初めての作品です。

枠から外すとピンと貼っていた状態と比べて、よれよれがでて小さくなった様に見えます。

・・・・とまあこれはあくまで他のみんなの話で私といえば、
w0007.jpg
まだ半分もいってません333:

というわけで、しょっぱなから土曜出勤となってしまいました。
でもしかし今日は友達も一緒に学校にでてくれて寂しくナーイ!本当は今日は二人で裏山の探検に行こうと企んでいたのですが、生憎の雨で中止。

で、私の隣で彼女はこんなものを作ってました。
w0006.jpg
葉っぱついてますけど。

これは、私がネットで丸い枠を使って織る「まる織り」というのを発明した方がいて、探検ついでに山でツタを拾ってきて、私たちも丸織りに挑戦しようぜ!ということになったのです。

しかし山にいかねばツタはとれず。何かいいものないかと教室を物色していると、窓の外に生垣が。今回特別恩赦をいただきまして(すみません!)生の柔らかい枝を一本頂戴いたしました。落ちている枝だと折れてしまうのですね。

私は横で楽しそうに織っているのを見ながら課題の続きです。
しかも今晩は香川の友達が岐阜にスキーに行くついでに私の家に寄ってくれるというのです。
課題がなければ一緒にいけるのに!えーん ー3ー、
今日から早速授業がスタートしました。
「ではまず機織とは何か・・・」というところから入るかと思っていたのですが、先生が長方形の枠を一人一人に配り、「テーマは"会話"です、では好きな糸を使ってどうぞ」といきなり織実習がスタート。
@3@えーっ

配られた枠の上下には釘がたくさん打ち込まれていてかなりワイルドなかんじ・・・
これがいわゆる枠機というもので、この上下の釘に経糸をかけて布を織っていくのです。
前に読んだアフリカの織機の本では木の枝を使って織る織機を紹介していて、これならどこにいっても布作れるなーと思っていましたが、こっちのほうがもっと簡単。

ふむふむと思って帰ってネットで枠機を検索してて、すごい基本的な事に気づいてしまいました。要するに織物って丸でも四角でも糸にテンションを張りそこに横糸を通せれば生地ができてしまうんですね・・・
お母さんに作ってあげた布ぞうりも足と手でテンションをかけたし、小学校の頃つくったミサンガはベットの隅っこに紐をくくり付けてふとんの中で作ってたし。

いやー今さら何をいっているんだという感じですが、なんだか私にとっては大きな発見な気がしました・・・。

さて今日は学校が終わった後は川島の会社の方のバーベキューにお呼ばれしてお肉をたくさん食べました。他の学生さんとも交流ができて、少しずつ地の私が出していけそうです・・。
w0004.jpg
会社の正門前は桃が満開です。

また明日は枠機の続きです。
2009.04.01 入校式
タイトルにあるとおり、いつも応援と心配してくださる優しい方々に近況報告の形でブログを始めました。今日はもう突貫工事でなんにも無いですが、徐々にこのブログを利用していろいろしてきたいと思っています。ちょくちょく覗いてくださいね。

私は、この4月から京都の市原にある川島テキスタイルスクールに入学し、染織を勉強する事になりました。2年間通う予定です。そして今日は早速学校で入校式です!

実は1ヶ月前から今日の晴れの日の為にと入校式に来ていくスーツを洋裁の学校の先生に習いながら作ってきましたが、遅れに遅れていて、その上引越しのついでに長野までスキーに行ってしまい、京都に戻ったのが昨日の夕方でした。車の中でも作業をして、式の3時間前にボタンホールを開けてギリギリ完成!

ジャーン!
ジャーン!

しかし、他の新入生の皆様は全員普段着でスーツすら着ていませんでした。よくよく見れば案内には「軽装で」と書いてありますね・・・まあいいんです、多少ういても自分のスーツで望んだ入校式・・・素敵な人生の一コマ。とにかく先生、私間に合いました!ありがとうございました。

さて、今日一緒に入学した一年生は15人。男の子はたった一人でした。私と同年代だろうと思われる人も何人かいて、私と下の名前が一緒の子もいました。

校長先生の挨拶の中で「この学校は古いものを学んで新しいものをつくるという学校です」とおっしゃっていて、その言葉がとても印象的でとてもワクワクしました。明日から早速授業が始まります。

さてこのへんで今日は終わりとしますが、実は私の新しい部屋は携帯電話が通じません・・・。
w0003.jpg
こんなかんじなのです。

しかも授業中は携帯電話一切使用禁止なのでいつ携帯が使えるのかと、今のところ困惑中です。
連絡つかないとおもわれがちな私ですが、今はそういう理由ですのであんまり心配しないでくださいね。そのうちなんとかしまーす。
2009.04.01 ようこそっ!
はじめてブログをご覧のみなさま、どうもこんにちは著者のしみちゃんです。

このブログは2009年4月から京都の川島テキスタイルスクールに入学した時に書き始めた私の活動記録です。
川島テキスタイルスクールではどんな事を勉強しているかを知りたい!という方は2009年4月~2010年3月までの記事をお読みください。
2010年から社会実践編をスタートして、学校を離れてどんな事ができるか、その後の生活をまた書いていこうと思います。

しみジャンプ!
どうぞお見知りおきをー(333)ノ

※タイトルの「F30」の意味はコチラの記事をご覧ください


★しみちゃんプロフィール★

1979:静岡県浜松市生まれ
2002:近畿大学文芸学部文化学科卒業
2002~2005:web制作・運営のお仕事をする
2005~2006:バックパッカーで海外を放浪しつつトレッキング・自転車旅を決行。
2007~2008:パート・派遣等のお仕事をする
2008:吉田愛服飾専門学校にて夜間に1年洋裁を学ぶ
2009:川島テキスタイルスクール入学

よくある迷走人生です・・・しかしなぜテキスタイルを学ぶようになったかというと↓


★ものづくりについて★

昔から物づくりが好きで美術の成績はオール5!昔から絵もいっぱい描いたし、ジャンルを問わず色々かじってきました。
しかしなぜそっち系の道にストレートに行かなかったのか・・・それは何が本当に一番好きかわからなかったからと、お金がかかると思ったからだと思います。

転機はやっぱり大きな旅行をした事から。海外で買ったものがほとんど布や布で作った雑貨。自分が布が好きな事にやっと気づいたのでした。そしてアフリカの路上でミシンを踏む仕立て屋を見たのが忘れられず、洋裁を初めました。
でもいくら自分で服をデザインしても生地は他の人のデザインというのが気に入らないし、洋裁をしていてもこの延長線上に自分のやりたいことがあるのか少し違和感がありました。

ならば!

という事で今があるのです。川島を選んだのは織を重視したわけではなく、先生とのフィーリングが合った事と京都という立地です。

とにかく今は布作りに出会えた事、勉強できる事が幸せです。


★作品の傾向★

頭の中整理せずに書き散らかしてみると、

「日本で学んでいるから、日本の技術・伝統を身につけて新しいものを作り出していきたい」
また「技術」と同じくらい「アイデア」が重要だということ、そして王道にそれて歩いてきた私だからこそ作れるものがあると思っています。
そして最終的には「楽しい」に行き着くが理想です。


★これから★

目指しているのは「テキスタイルからデザインできるデザイナー」という事、そして死ぬまで布の仕事をしていたい!という事だけです。あとは漠然としてますがフラフラしていた頃よりだいぶマシになりました。



というわけで、少しこのブログを読む時にこんな背景を持った私を想像してもらえたらと思います。
どうぞ末永く応援をお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。