上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっと織とは関係ない小話をひとつ。

こないだ部屋を出たらアパートの横のフェンスで猿が腰掛けていました。学校でも朝畑に水遣りをしてると隣で親子で毛づくろいタイム。最近よく会う隣人(猿)たち。

学校ではムカデが頻繁に現れるようになりました。学校のトイレのスリッパは先が開いてるんですが、それはムカデが入っていたら気づくようにする為だという事を知りました。

それから家の前には小さな林があってウグイスがそこでいつも鳴きまくっています。しかし最近はスズメがそれにも増して声がでかい・・・おかしいなーーと思ったらうちのベランダに巣を作って育児準備段階に入っている事に気づきました。

スズメの巣
赤丸の中が巣なんだけどわかりにくい~ミシンで作業してると出入りが見えるのです。

まあ、ここまではよくある話・・しかし!昨日すごいもんを見てしまいました。

私がよく行く宝ヶ池のスーパーの近くの車道でいきなり、動物が道を横切ったのです。
猫かっ?えっえっ??えーーーっ・・・

鹿?

みたいな。なんか普通にでかい雌鹿が「ちょいとごめんよっ」ってかんじでガードレールを飛び越えて目の前を・・
ほんと目を疑いました。奈良じゃあるまいし。スーパーの横やし。

鹿の残像を残したまま家に帰ると、今度はアパートの階段の真中で黒い物体が。

・・・ヘビちゃいます?

みたいな。しかもバリバリのマムシ。体調50cm位あったぞー。どうやって部屋に戻れば・・泣。
ちょうど友達と一緒だったのでギャーギャー言いながら乗り切りましたが、実はチビリそうでした。怖いー

一夜開けて今朝。もう蛇はいなかったですが、代わりにでっかいカエルの死体が。ドザエモン状態でおいてありました。どうせなら全部食べて帰ってくれっ!

まだ6月やのにこの状況。早くも夏は楽園の予感です・・・恐怖の市原アニマルパラダイス。。
ドキワク。。


ほんと小話ですんません。

↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
今日はニードルワークという授業で、国立民族博物館の上羽陽子先生を講師に呼んでインドの西部にあるグジャラート州カッチ県ラバリにおける刺繍布とその文化的背景の講義を聴かせてもらいました。

ラバリのブラウス
ミラーワークが施された子供服。こんな小さい頃には許婚が決められるそう。

布に小さな鏡の破片を埋め込む、「ミラーワーク」というものがあって、世界中様々な場所で行われていますが、このラバリでは丸以外のしずく型や三角形など様々なモチーフがありその表現が豊かで技術が高度なことで知られています。今でも少数遊牧民族として独特な生活様式を貫いており、それだけでなく、何か惹きつけられるものがあると先生はおっしゃっていました。

大阪ノリのテンポ良い話し方で今日は他の先生や上級生の方々も聴講されてましたが皆本当に食い入るように話をきいてました。

ラバリのショール
もののけ姫じゃないよ、私だよ。女性が着けるショール

ラバリでは布や糸がとっても貴重だそうで刺繍の裏側に糸がでない方法をとっています。
刺繍の布裏
裏はとてもすっきり。これは赤ちゃんのゆりかごの布。

私たちも講義の後はミラーワークの刺繍やラバリの基本的なチェーンステッチなどを練習して、これからこの刺繍と同じ刺繍を小さな布にして作品を作るそうです。
わが一年生たちはどうも刺繍好きな子が多いみたいでかなり興奮度高かったです。私は特別刺繍好きではないけど作品のきれいさに圧倒されっぱなしでした。こんなお宝が手にとってみれるなんて感激!

もったいないロープ
余り布と糸でつくったゆりかごの為のロープ

ラバリの方たちはおやゆび幅より長い糸や布があればとっておいて、それを拠ってロープにしたり、徹底的に活用するそうです。日本では小豆2つ包める布があればとっておけという言葉があるみたいですが、ラバリの勝ちですね。
あと2回上羽先生の授業があります。いろいろ楽しいお話聞かせてもらえそうでワクワクです。
そして刺繍の宿題もモリモリです・・・


↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ


日曜日は京都国立近代美術館の「ラグジュアリー展」に行ってきました。
ラグジュアリー展

もう昨日で終わりでしたが、この展示会は1年生全員がチケットを学校から配られていて、見た後レポート提出なのです。レポートっていつぶりだろう。

「豪華」といわれる服は中世ヨーロッパの時代から現代に至るまでどの様に変化してきたかを、特定のブランド等をピックアップして展示・解説してありました。服飾系の学生や販売員さんなどもわんさかつめかけていて、展示の服も、京都のおしゃれさんの服も、と欲張って見ていたらフラッフラになりました。

とりわけシャネルの時代を作ってきた服に私は一番感動しました。色あせないデザインがすごい!


さてさて、久しぶりに出た街中。繁華街もいつもより人も少なく、別の友達が言うには「金閣寺と二条城に修学旅行生が一人もいなかった!」らしい。インフルエンザの影響が顕著。
街中は旅行者と店員さんはばっちりマスク。でも展示会に来ていた学生とか地元の人はマスクしてませんでした。山にこもってテレビも見ないとわかりませんが、なるほど街中はこういう状態でした。
でもとにかく私も学校の皆もピンピンしてまーす。栄養も日々つけてます!



↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ


前の授業で藤蔓を採って、皮をはいでお水に入れておきました。

今日は灰汁がぬけて柔らかくなっている皮から繊維をはがす作業。

繊維をとる
なんか皆原始人に見える・・・

この採った繊維をさらに、米ぬかを使ってゆがいてさらに灰汁抜きをします。
来週やっと糸になる予定。

しかし、繊維がうまくペリーっとはがれればいいのに、先生みたいに上手くはいかないものでかなり歯がゆい作業。

藤の繊維
こいつめーっ

先生は「でも6000年前にはカッターとかいう道具もなかったのにどうしていたのかねぇ・・」とずっと縄文時代に思いを馳せていました。
縄文人と同じ事をしていると思うとなんかドラマティックなような・・

でも絶対縄文人も同じ事を思っていたとも思う。
「あーめんど・・・」

時を越えて祖先と通じ合う、スペクタクルな授業でした・・・・完。



↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ

2009.05.23 芽出たい!
出ました!

ふたば

こないだ植えた綿の種が芽を出しました!本当は昨日出てたんですが、夜にみんなでピザパーティーをしてて更新サボしてしまいやした。

昨日はもっと小さく丸まってたんですが、私たちがどんちゃん騒ぎしてる間にスクスクとふたつ葉っぱを広げたみたいです。なんかあんまりかわいくて感動しました。

ぐんぐん育てー



↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ
月曜日織物文化館に行く前デッサンの授業がありました。

今日は円筒形のものを書く。
デッサン
わかる?

この円筒形の画用紙を書くのに3時間かけました。というかかかりました。
画家がモデルにむけてエンピツをたててなんかしてるのをよくエスパー魔美のアニメを見てて覚えてましたが、まさにそれをしました。モデルは裸じゃないけど。
きっちり正確に描くというのは難しいし、こんな円筒形つまらんと思ってましたが、なんでだろう、すごい描いてて楽しかったです。

あと今日は今まで作った作品の発表をしました。
発表会
私のは一番手前。

今日のために昨日は朝4時まで資料作成とかご作りをしてました。
バック
肩紐のところも糸でポイント。


これ、腰機で作った作品にかごつけたものです。かぎ編みですね。
帽子作ったりマット作ったりかご編んだり・・一体本職はなんなんだー
これで一息つきたいところですが、帽子のデザインを明後日までと、今月末までに個人的に約束したズボン2本と鞄を一つ作らなくてはいけません・・・ね、寝れない -3-、


↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ

2009.05.19 織物文化会館
ちょっと長いお話。

月曜日、ついに川島織物の博物館、「織物文化館」に見学に行ってきました。
5回会社見学の授業があるのですが今日はその一回目で、文化館は会社の隣に隣接されています。

川島織物は1843年に創立し、西陣織の帯が特に有名ですが、明治や大正の頃には国内外の宮殿や皇室が使用する電車の車両の内装など、大きな仕事をも手がけていました。

一見壁画かと思う壁が織物で埋め尽くされていて、目を疑うような信じられない芸術品ばかりでした。川島が総合プロデュースした当時の洋館のモデルルームなんかは、ここは極楽浄土ですかと思うばかりの美しさ。どうしてこんな美しいものが昔の人はできるのでしょう・・!すごいすごいすごい!

さて、その中に一つ「春郊鷹狩」という幅5mくらいの作りかけの壁掛けがありました。
これは明治宮殿に納品する予定の作品でした。3代目川島甚平が仕事を受け織り始めたものでしたが、完成を待たずに亡くなってしまい妻の絹子がその仕事を受け継ぎました。
しかし当時戦争の影響で質の良い染料が手に入らず、作品の色に納得ができなかったため、絹子は決心をし、その日職人が皆帰った後一人泣きながら経糸をハサミでジョキジョキと切ってしまいました。

ここにも詳しい記事があります。

これはすごい事です。何人もの職人が横一列に、爪でチョイチョイと織っていくのです。一日ほんとに数センチしか進みません。

川島には「真」「善」「美」という三つの教訓があって、その中の「真」は「素材や工程にいささかの妥協も許さないほんまもんのものづくり」という意味です。

絹子はそれを勇気を持ってやったのだと思うと本当に涙が溢れました。やっぱり年なのかなぁ・・・でも思い出しただけですごすぎてウルっときます。そのハサミの生々しい跡を見て、これがあるから私はきっと今ここにいるわけで、そして私もそのものづくりの精神を受け継ぐべきところにいるんだと思うと本当にすごい衝撃というか重みを感じました。

がんばりますたい!


↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ


2009.05.17 課題
今日は一日家で課題をしてました。
今まで作った作品を火曜日に何か使えるものにして発表しないといけません。

最初に作った枠機の作品をマットにしました。
マット
・・・どうしたってバカボンのおまわりさんだな

これはミシンの足踏み用の鉄の板の上に置く用にしました。いつもちょっと足が冷たいのです。
ミシンとマット
ぴったり。

次はこないだ帽子の授業で作った帽子はお母さんにあげてしまったので新しくもういっこ。
IMG_6222.jpg
変わりハンチング

IMG_6224.jpg
後ろが長くて

帽子
折上げたりもできる。

普通のハンチングでは工夫がないと思って作りましたが、ぐっと深くかぶれるから、早速頭のでかい私のお気に入りとなりました。
この後ろの黒い部分は、解体したズボンのタグがついていた部分で、タグがかわいいと思って捨てずにとっておいたものです。何でもとっておいて良かった!

解体したズボンはあの成長するカーテンの一部なのですが、帽子のつばの部分も同じ生地でつなげたかったので、

カーテン
ちょっと生地もらいました・・・

我ながらなんて便利なカーテンなんだ!

という事で部屋がいきなり夏バージョンになりました。秋ごろまたカーテンは成長することでしょう・・・


↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ
今日は授業が3時で終わり、雨が降っていたので嫌だなーと思いつつも合羽着て四条まで原付でひとっぱしりして、タペストリーの展示会「Ori rhythm」に行ってきました。

タペストリー展
タペストリーってのは壁掛けの事でございやす

そこでは、夕方から「キャンベラで開催された国際タペストリー会議報告と世界のタペストリー事情」というテーマで京都芸大の教授による講演会がありました。ただで話が聞けるならと貧乏根性で行ったんですが、やっぱり頑張って良かったです。

スクリーンで写真と一緒に、テンポ良く話していただいたお話は、主に海外の作家さんの作品の紹介と、オーストラリアのタペストリー制作会社の事や大学の事、オーストラリアでのタペストリー事情でした。

オーストラリアではフランスと同じくらいタペストリーが生活の中にあって、会社や公共の場所などでは大きなタペストリーがよく飾られているそうです。絵画をタペストリーにしたものが主なようです。オートラリアの乾燥した空気や景色がそうさせるのかもしれないけれど、温かみのあるタペストリーは温厚なオーストラリア人の気質にも合っているのではないかと、推測されていました。

また、オーストラリアでは何かの記念、何かの為に、皆で同じものを作る事をとても誇りに考えているそうで、そうして皆で作ったものを皆で愛するというのが素敵だともおっしゃっていました。

あと少ししたら、私たちも綴れ織りを練習してタペストリーを制作します。その前にいろいろ作品を見てお話を聞けて良かったです。

展示会は明日の日曜まで「室町アートコート」で開催してまーす。


↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ
2009.05.16 綿を植える
1週間水に浸しておいてと言われた綿の種。でもそんなに時間かからなかったみたいで、今日植えちゃいました。

種まき
♪権兵衛が種まきゃ~カラスがほじくる

と心の中で歌いながら先生が開けてくれた穴に種を2つずつ入れて土をかぶせてお終い。

畑
ちなみに隣に植えてあるのは藍と紅花。これも染色の授業で使います。

綿は2週間後くらいに芽がでるそうですが、最初の2ヶ月は毎日2回の水やりと雑草取りをかかさずにすることがとても大事との事。

それならばと、皆に「雑草取り手伝ってね!」と言うと、「綿と雑草の区別がつかない」と言われちゃいました。
確かに私もわからないや・・・


何か出てきてから考えよう(・v・)!


↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ
2009.05.15 葵祭り
今日は京都の3大祭りの一つ、葵祭りの日でした。

葵祭り

実は「京都に住んでいるからには京都の事を勉強しましょう」という、京都検定1級(!)保持者でもある、理事長先生の教育方針により、昨日先生直々の「葵祭り講義」を受講し、1年生全員で今日のお祭り見学という校外授業に望んだのです。

いやー色きれい!でも静か!

というのが、全国寄せ集め集団でもある私たちの1つ共通な感想で、お囃子どころか終始皆無言でスタスタと歩いていくお祭りに「やっぱ京都は祭りもちゃう!」的印象を受けました。祭りというから違和感があるけど、儀式と言えば納得。

さて、校外授業はそれだけではありません。

尾張屋
尾張屋で蕎麦を食べ、

知恩寺
百万遍の手づくり市で買い食い、試食、もらい食いをし、

途中出町ふたばの豆餅を食べたり、進々堂でコーヒーをすすりながら、

吉田山
吉田山で腹ごなしをして、

w0077.jpg
最後はパーっと・・・

したりしなかったり・・・。

京都の事が少しわかってきたなっていう自信がムシャムシャとわいた校外授業でした。
(※もちろん先生の引率は途中まででーす)
さて次の校外授業は6月頭の遠足です!あー何食べよ・・



↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ
2009.05.14 綿の種
私は去年何度か香川県観音寺市にある豊浜郷土資料館で機織や糸作りの体験をさせてもらった事がありました。
豊浜周辺は昔は綿の産地だったそうで、今でもその文化を残そうと地元の方々が綿の栽培を続けています。ただ、恐らく商品としての生産ではなく、自分が使う分だけという方がほとんどだと思います。

さて、そこでまた私はちゃっかり綿の種をもらってきました。栽培までは見ることができなかったので、来年自分で育ててみようと思っていたのですが、学校の理事長先生に相談したら「学校で育てていいよ」とめでたく許可をいただきました。

今日は家でその下準備。

綿の種
これが綿の種だー

一番左のが豊浜の種。日本とアメリカ(かアジア)の混合種。ちょっとうるおぼえ・・
右の二つは今回別の種屋さんで買っておいた、日本の綿の種と茶色の綿ができる茶綿の種。
まず発芽の邪魔になるので、種の周りの綿をよく取ります。

綿の種
水につけてよくモミモミ

綿の種
ティッシュをかぶせて1週間くらい待て。

ということらしいです。もう畑は理事長先生が藍と紅花の横に用意してくれているそうです。
うまくいくかなー・・・1週間後にまたレポートしまーす。


↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ
月曜日の授業はちょっと変わった授業でした。

午前中はデッサン!実は私は絵が上手くなりたくて少し練習をしてました。でも芸術学生の様にサラリと絵が描けるには程遠く、この授業を待ちに待っていました。

デッサンの1回目は基本の円垂形を描く!という内容だったのですが、先生が「今日はバラが綺麗に咲いているので・・」という事で

w0067.jpg
いきなりバラ!

難しかった・・・泣。このバラは川島織物の創始者の方が植えられたバラで、会社のフェンス一面に綺麗に咲き続けています。

午後は藤の蔓から繊維をとって糸にする、藤織りをしようという授業の1回目。近くの山へ藤蔓を取りに行きました。
藤蔓採り
藤の蔓を長いのこぎりでギコギコ・・

藤蔓の皮
木槌でドンドンと叩くと綺麗に皮がとれて

藤蔓の皮
大収穫!

水につける
しばし水に漬けておきまーす

次はこの皮からさらに繊維を剥ぎ取るそうで・・先生も「私たちは今時代と逆行しております」とおっしゃってましたが、すでにすごい手間だったのに!糸になって整経したら一体どれだけ織り分があるのだろう・・・

この日は炎天下の中デッサンやら野良仕事やらで若干熱中症気味になり、家でぶっ倒れてしまいました。3日前はホットカーペットつけてたのになー、市原にも夏の兆しです。
2009.05.11 銀閣寺辺り
今日は銀閣寺の近くにあるギャラリー揺長谷川政弘さんの蓮をテーマにした金属彫刻の作品を見てきました。
金属で出来たものは冷たい感じがしていつもあまり興味が沸きませんが、長谷川さんの作品は部屋にあってもいいなと思えるあったかい感じがしました。
いろいろお話もしてもらい、あつかましくお茶もいただいて落ち着いてきてしまいました。

銀閣寺は中学校の修学旅行で行ったのでパスして、他人の家を見てウロウロしてきました。京都の家は立派できれいなお家ばかりなので見ごたえがありますです。

さて、帰りしに寄った100均に園芸コーナーがあったので、私の同居植物くんの為にいろいろ買い物をして帰りました。
w0062.jpg
ゴムの木です。まだ葉っぱだけど・・・

落ちたゴムの木の葉っぱを拾って水につけておいたら根っこが生えて、もうペットボトルじゃもの足りないくらい根が張りました。よしよし。

頑張ってる葉っぱの為に新居を。しかしこれじゃああんまり寂しい家なので

w0061.jpg
じゃじゃーん!

学校の山積みの課題そっちのけで、裂き編みで作ってみました。今日はとても暑かったので夏っぽく青で。って冬になってもこのままだろうけど・・・
早くこの鉢がぴったりになるくらい大きくなってくれー。
2009.05.08 二重織り
ドビー織機での基礎組織織りがひと段落しました。

順通しで平織・綾織・朱子織・蜂巣織・二重織。

w0058.jpg
かなり長ーい

w0059.jpg
表と裏が分かれる二重織り

w0060.jpg
ワッフル織りとも言われる蜂巣織り。

むっちゃ疲れた・・・明日も染織の授業があります。GW明けに応えます・・・。


↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ
2009.05.07 GWあれこれ
結婚式で大阪に出てきたついでに、小袖展を見てきました。
cosode.jpg

後染めや、刺繍の着物がほとんどでしたが、どれもこれも一体どれくらい年月がいるのかと思う程手が込んでいてスンバらしかったです。もう一回行きたい!

後、実家の浜松に帰った際、「三ケ日 能装束と能面展」も見てきました。

ここは浜名湖の近くにあるんですが、ついでに遊覧船に乗ったり湖畔を散策したりして、夜もちょうどお祭りだったので、屋台や法被などの衣装を見てきました。改めて地元を観光するのは結構面白いものです。

w0055.jpg
私が小学校の頃乗った屋台です。

このお祭りでは男も女も法被に地下足袋です。今では中国製の安いプリントの法被ばかりですが、それぞれの町で違う柄なので、デザインの洪水そのものでこれまたかなり楽しみました。
w0056.jpg
声をかけれず盗撮・・・

ちょっとこのお祭りの衣装からまたいいアイデアが浮かんでしまいました・・・フフフ。乞うご期待・・

あともう一つ。
浜松の伝統工芸の「ざざんざ織」のお店に行ってきました。
ざざんざ織の概要はHPを見てもらえればわかりますが、実はこの技術伝承は一子相伝で伝わるもので、継ぐ予定だった息子さんが先に亡くなられ、「もう私で終わりにします。」とお話されていました。

もちろん継ぎたいという人は多く現れるらしいのですが、「とても食べていけないから継がせられない」というのが理由でお断りしているようです。
「伝統工芸は悲惨」という話はあちこちで聞きますが、途絶えようとしているものを実際目の前にすると、現実味がかなり湧きました。

w0057.jpg
意味があるのかないのかお財布買ってみました。

都踊りで幕を明けたGW。いろいろ見て考えて、ネタもいっぱい集まっていい収穫になりました。


↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ
洋服を手に入れたシンデレラの気分です。「これで私も舞踏会に行けるワ!」

なんとか完成しました。結婚式の衣装。いっつもギリギリ・・

w0049.jpg
花を増やしただけなんですが

w0048.jpg
見えるかな?真珠(風ビーズ)を花にあしらいました。

でもこれだけじゃサムいかなーと思い(いろんな意味で)、

w0050.jpg
ジャーンっ!

メキシコのアミーゴみたいなカーディガン(マーガレット)をプラス。あとコサージュも。

学校の先生に色々アドバイスしてもらってた時に、
「オーガンジーを電子レンジでチンしてぐしゃぐしゃにしたら、ストール簡単にできるよ」
という情報をゲット。

でも私は結婚式の時、女の子がみーんなフワフワ系の布を同じように巻いているのが、手抜きな感じがして好きではないので、アミーゴ風アレンジをしてしまいました。

実はこれ、袖の部分15cmを両側縫っただけで、あとは全部ミシンでぐし縫いをして、その上からアイロンで熱を加えて型をつけただけです。袖を通すとちゃんとゴムみたいに縮んでくれます。
オーガンジー(ナイロンです)の生地は初めて使いましたが、勉強になりました。オモシローイ!

というわけで明日はマラカスとつけヒゲを携え、結婚式へ行ってきます。
ついでに実家にも帰ってくることにします。
でわまた連休明けに~!


↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。