上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.06.01 楽園その2
ちょっと昨日の楽園の続きが・・・

新しい住人が新たに家のベランダにやってきました。

ハチの巣
ハチさん!

ハチとスズメと私。3世帯同居となりました♪


とか言ってる場合じゃない・・・-3-:
怖くてハチ退治ができません。どうしよーー


↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
2009.06.01 海底の機
学校には小さな図書室があって染織や服飾に関する本がたくさんあります。
その中から一冊小説を読みました。

海底の機
もう絶版です。「海底の機」

明治の初めまで「空引機」という人手がかかる機を使っていた時代、これでは西陣は生き残れん!と思った吉田忠七という糸屋の番頭さんが、もっと人手のかからない機を作り出そうと発明にとりかかります。

空引き機
空引機。人間が機の上に乗って糸を引っ張り模様をだします。

でもフランスでは70年も前からそういう機があるのを知り、政府の力を借りて西陣の織工2人と共に技術留学を果たした吉田忠七は、努力の末日本に初めてジャカード式という機を導入しました。しかし吉田忠七だけは染織の技術習得の為少し遅れて帰国し、横浜上陸目前の伊豆沖合いで船が難破し、亡くなってしまいました。

ジャカード
現代のジャカード式の機

授業で西陣の歴史を習った時に一人亡くなったのが気になって小説を読みました。当時の西陣の様子や彼らの苦労がよくわかりました。小説になっているのですごく読み易いです。

そして学校の授業で今日偶然にも会社見学がありました。
川島の工場では吉田忠七が導入したジャカード機がたくさんあって、それがガチャンガチャンと音を立てて動いているのを見ました。ちょっと感慨深い気持ちに・・・忠七さんのジャカード機は今でも健在でやんす!


↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。