上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.07.21 銘仙に出会う
私が布の勉強をしようと思ったのには、アフリカで見たカラフルーな布が忘れられなかった事が影響してます。あんなカワイイ布が作りたい!そう思ったのです。

アフリカの布コレクション
上段がアフリカの布。もっといっぱい買いたかった!

しかし、日本の技術を生かしたくもある。
と漠然と思っていました。そんな時NHKの「美の壺」という番組で絣の着物を紹介していたのを偶然見て、そこで「銘仙(めいせん)」の事を始めて知りました。そして「やりたいのはこれちゃう!?」と閃きました。

ちょっとこのページを見てください。

ここで佐藤さんという銘仙のコレクターが紹介されていますが、私は他のどの本より彼の銘仙がすごく印象的でどーしても彼のコレクションを見たいと思っていました。しかし彼の名前を検索しても何にも出てこない・・・。ずっと諦めていたんですけど、実家に帰る前もう一度調べてみたら、なんと同じ県内の藤枝にあるギャラリーで収録され、しかも佐藤さんもよく出入りしているという事が判明!
なんたる偶然と速攻ギャラリーに電話して銘仙を見せてもらう約束をしました。

そしてなんと当日わざわざ佐藤さんも私の為に、お気に入りの銘仙を持ってやってきてくれたのです!!!すごいすごいっ!

そのギャラリーは「こころ庵」さんというところで、ブログにその日の事も書いてくれてありました

ブログにもあるように私と奥さんでヤンヤヤンヤと盛り上がりあれもこれもと銘仙を見せてくれ、銘仙にまつわる話もたくさんしてもらいました。

ラクダの銘仙
ラクダの銘仙。かわいいっ!

実際見て、袖を通して鏡で体に合わせてみると、色々な事が分かりました。何よりかなりファッションショーを楽しみました。やっぱり銘仙は楽しい!着物でもなんでもいいから、私は楽しい生地が作りたいと改めて実感したのでした。

そして大いに触発された私は夏休みに「桐生・秩父銘仙ツアー」を、青春18切符を片手に実行する事を決意しました。また銘仙情報をネタにこころ庵に行きたいのです。

いやーしかし本当にこんな事あるんだなーと今でも不思議に思えます。ずっと会いたかった人・ずっと見たかった物・行きたかった場所がいきなり現実に目の前に現れるとは。
こんなに充実した帰省になって大満足です。こころ庵さん、佐藤さん、ありがとうございました!



↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
さて、ゆかた祭りに汗だくだくのゆかた姿でたたずむ私に、職人さんが「向いで糸紡ぎしてるよ」と教えてくれ(これは追っ払われたのか?)、「糸紡ぎくらい知っとるわ」と思いつつも覗いてみたら、いきなり知らない言葉をふられました。

「織りのお勉強してるなら、ガラ紡って知ってるでしょ?」

ガラ紡???????????

いきなりタジタジになりました。知らん!

ガラ紡の詳細は私が説明するよりココとかココを見てください。
ガラ紡タオル
これが実際のガラ紡で紡いだ布。ぼこぼこしてて不均一な糸です。

そして私が出会ったのが、NPO法人ガラ紡愛好会の人々。

いやー我が地元でそんな事をしてらっしゃる方がいるとは。
早速ここでもガラ紡工場(というか機械?)の見学をチャッカリ依頼。まだまだガラ紡機を定期的に動かすには時間がかかりそうですが、和綿の栽培は進んでいるみたいです。

ガラ紡製品
早速ふきんも買ってみました。

これで体を石鹸なしで洗ってみました。まだ使い始めだから良いか悪いかなんとも言えないけど、普段ヘチマで体を洗い、手ぬぐいで垢すりをしている私の印象としては、ちょうどその両者の中間というか、なんかキュッキュします。洗うと。


何よりこの日は、浜松ってすごいじゃん、面白いじゃん!と嬉しくなりました。注染やらガラ紡やら和綿やら、他にも伊兵衛織りも見学したいし、地元の魅力を初めて感じかなり嬉しくなりました。
工業地帯の間をぬって浜松綿畑が広がる風景を想像しました。そうなったらイイナー。


↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。