上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっと今日の日記までたどりついたと思ったら、すでに日付変わってる!
30日の日曜日の日記です。

神戸ドラフトの最終審査でお知り合いになった、チキンノットさんのお店に遊びに行ってきました。

彼は元々スノボ系の服の店員さんだったのですが、ドット模様を既成の服の上に書いて、オリジナルテキスタイルを作ってお店まで出しちゃった楽しい方です。
3階のスペースが空いているそうなので、個展とかの際は使ってね!と声をかけてもらいました。
いつかグループ展とかみんなでしたいなぁ・・・

審査会場で見たときも、カワイイなぁと思っていましたが、終わってからよくよく考えると、それってすごい良いアイデアやん!・・うらやまシーと思うようになり、ついに私も買っちゃいました!

ドットT!と怪しいサンバイザー
ドットT!怪しい眼鏡用サンバイザーはサービスでくれました。

家に帰ってさっそくファッションショーへ。

チキンノットコラボ
背景の部屋がきたなすぎる為、抹消いたしました・・

わかりにくいけど、虎柄のパンツは私の股引パンツのウエストゴムバージョンです。最終審査用に作ったけど、ラクすぎて家着に格下げされました。

なんかオリジナル同士の服ってウキウキする・・・♪という事が分かり満足しました。
それよりも、このTシャツかなり気に入りました。やっぱり見るのと着るのは違いますね。私もボーダーの上に☆マークとかつけようかな・・・
問題はメガネサンバイザーだけど、保留にしておこう。

また遊びに行きマース。


↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
2009.08.31 マヤの染織
学校がすでに始まっております!宿題の事はここでは念のため伏せておきます・・・。

先週はグアテマラ在住の、京田誠先生が日本に帰ってきており、短期の講座で現地の腰機の技法を教えていらっしゃいました。そして私たち1年生も金曜日に講義のみ受ける事ができました。

主に技法について詳しいお話をしてもらいました。でも難しくて織ってみなけりゃどーにもならん、と思いただひたすら現物を眺め、ため息ばかり・・・

ウィピル
ハァ~ッ


腰帯
ハァ~ッ

なーんでこんなキレイなものができるんざんしょ?すごいなーすごいなー
でも2年生にならないと京田先生の実習の授業は受けられないので今回はおあずけです、、
しかし私にもしお金があればもう明日には絶対南米に飛んでいるでしょう!
それくらい行きたい!見たい織りたい!

と、夢膨らんだ講義でした。
先生、かばんならお持ちますよ~・・


↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ
今回初めて趣味の登山の話をします・・息抜きにどうぞ。

21日の晩神戸で審査を終えた後、速攻で京都に帰り、山支度を整えた頃、香川から登山仲間が私をさらって行ってくれました。学校は23日から始まるので、私に残されたお休みはあと2日!ギリギリまで遊ぶねん!
そして目が覚めればそこは山梨県。コンニチハ。

男性陣は北岳バットレスと呼ばれる岩壁をクライミングで登り、私は徒歩で頂上へ。日本で2番目に高い山で富士山を真横から見る景色がとても不思議でかっこよかったです!

後ろ前逆
シャツが前後ろ逆のまま登っていた私。しかもズボンにイン!


紅の富士山
思わず手を合わせたくなる風景・・謹賀新年・・・

八本歯のコルへ
パッキリ晴れてました!


久しぶりに山でこんないい景色が見れました。次は私もクライミングで登るぞー!
という事で、これで本当に「夏が終わったなー・・」という感じがしました。

いろいろあったけど、充実したいい夏でした!


↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ


8月21日の2次(最終)予選まであと1週間もナイ!しかし、肝心のパターンもまだ決まってナイ!生地もナイ!タグもない!というかブランドネームもナイ!洗濯表示もナイ!生産体制もナイ!値段も決めてナイ!夏休みで先生にも連絡つかナイ!どうしようもナイ!

あるのは身軽さだけか~・・・。という事で京都に一人でいてもパンクすると思い、15日に彼氏の住む香川県高松市へ。(昔高松で働いていました。どうぞ根無し草と呼んでください・・)
ここなら、広いスペース、高速ミシン、勝手知った生地屋、そして昔通っていた洋裁学校の先生様、冷蔵庫には食料!アルアルアル、ルンルンルン♪

すみません、いろんな人に甘えましたが、本当に人に会えば会う程希望がわいて先が見えてきました。彼氏も服屋の知り合いを紹介してくれ、色々相談に乗ってもらいました。本当に皆々様に感謝・・ずうずうしいって私の事です、ほんと。

それでも前日までずっと審査に行きたくありませんでした、他の人のレベルが圧倒的に高いだろうし、あまりにも「商談をする」という意味では準備がなさすぎて、自信ゼロ。胃痛がしたし、当日の朝は会場に入ってから緊張で震えました。こんな事いつぶりだろう。

せっかくの晴れ舞台なのに写真はまったくありません。
会場では自分のブース以外写真は禁止でしたし、余裕ゼロ。

ただ、反応はどうたったかというと私を選択してくれたBEAMSさん以外にも2社の方と名刺を交換できたし、「面白いね~」という意見をたくさんもらいました。
それが何より嬉しかったです。他の出展者さんとも名刺交換をしましたが、やはり皆さん自分のブランドを持って販売している方ばかりなので、完成度がスゴイ!いろいろ勉強させていただき、本当にパワーをたくさんもらってスガスガしい気持ちで帰る事ができました。本当に充実した1日でした!

この最終審査の結果ですが、もう既に発表されています。ただ、正式な発表はまだなので、ここでは書きません。
とにかく巻きこまれた皆様、重ねて御礼申し上げます!ありがとうございました!


↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ


8月13日の早朝ベトナムから関空へ降り立った私。
実家の浜松にいると思っていた友人から、
「地震大丈夫だった!?」「何で連絡してくれないの?生きてるの?」
的なメールが入り、(?3?)エ?

事態を把握して急いでメールを返信しましたが「彼とベトナムへおバカンスでした☆エヘ!」的なメールを送るのが本当に恥かしかった・・・なぜ私が居ないときに!おバカ!

それから私は母との喧嘩がもつれたまま、花火に一緒に行く約束を放棄した事を悔やみ、もう一度浜松へ帰る事に。

「ただいま~」
「今日は群馬から来たの?」(私は夏休み当初群馬に行く予定も立てていたので)
「いや、ベトナムから来た・・」
「え?」

母絶句。
喧嘩したので母には言ってませんでした・・・

この後浜松で注染の工場を見学して、さらに群馬・桐生へ向かう予定だった私は、8日に京都に一度帰って資料をまとめ、そのまま資料を持ってベトナムに行き、その足で浜松にベトナムのおみやげを持って帰宅。でもいつもリュックは一つ。裸の大将かっ私は!

さて、花火の前にちょっくらメールチェックを・・と思って思い出しました、
神戸ドラフトの結果が確か発表されていたような・・・」

ドラフト一次審査結果
(ししし、しみちゃんの本名が明らかになってしまう;;)

ナント!めでたく1次通過しました!

という事で花火の予定だけきちんと守って他の予定をオールキャンセルし、私は翌日また京都へ準備の為舞い戻る事になったのです・・・・神様、仏様、青春18切符様ーーー!今年の夏は本当に大助かりでした!




↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ


今年から職場が変わった私の彼氏。給料増えたがストレスも増えた。

「どこでもいいから海外へ行きたい・・」という事になり、私も旅行準備・荷物持ち・現地案内係りとしてちょうど席の空いてたベトナムに8月9日から5日間連れてってもらえる事になりました!

どうせ宛のない旅なら・・とベトナムの織物が見れるチャウドック付近(カンボジアとの国境近く)の村に行くツアーに強引に参加。ウシシ・・・

チャウドック
怖いオーラでてまっせ・・

長い道中行きたくもない所に寄っておみやげを見させられ、二日目にやっと着いた織物の村には見世物状態の織り子さんと織機が1台だけ・・ポツン。話しかけても超無愛想・・・。しょうがないから周りに置いてあるお土産の布を見ることに。

あれ?よく見ると絣風のプリントやん?
「これ、ここで織ったの?」
「そ、そうそう・・」
「・・・(うそやん)」

あれ?これってさ、中国語のタグついてるけど・・
「これもここで織った?」
「うんうん・・」
「・・・(なわけないやん!)」

じゃ、このファンシーな糸で織ったスカーフは?
「これも?」
「もちろん・・」
「・・・(なんで英語で洗濯表示ついてるねん!)」

おっ、これはあの子が織ってるのと同じ縞やね。
「これはここだよね?」
「おー!そうそうこれはココ、ココ!」
「反応全然ちゃうやん!」

と思わず突っ込みました。ウソへたやなー・・・。

まあ、何も買わず帰るのもさみしいので明らかに綿なのに「イッツシルク!」と言われながらその布を買って帰りました。やっぱりツアーじゃなくて、地道に散策したほうが良かったなぁ・・・

チャウドックの布
色はかわいいけどサ・・


ちなみにその後彼氏は体調を崩し、私は介護という新たな任務も任され、あわただしくベトナムステイは過ぎ去っていきました・・。

でもやっぱり楽しかったな!人との距離が近くて壁がいらないのがとってもラク。
ベトナムよ、ありがとう!そして彼氏様、次回はインドのカッチとかに行きません・・?



↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ
8月5日~7日の3日間は愛知県一宮市で行われた、「ジャパン・テキスタイル・コンテスト2009 学生産地研修会」という研修に参加してきました。

これはジャパンテキスタイルコンテストを毎年開催している尾州の繊維関係者の方たちが、なんと無料+お弁当付(!)で、全国の学生を招待して勉強させてくれるのです!!すごい!
うちの学校からは4名参加で思いっきり立候補して、ちゃっかり参加させてもらいました。

尾州は世界有数の毛織物の産地なので、毛織物を中心とした授業内容でした。
主に、紡績工場→製織工場→織物整理(仕上げ)工場の見学、ファッション産業と産地の概要・繊維の分類・特性・ニットの基本構造や特性・情報とその組み立て・染色体権、堅牢度試験・環境問題とファッション産業などの講義にプチ実験も含まれ、かなり充実した内容となりました。

手袋の実験
ウールの手袋と綿の手袋をして氷水に手を入れたら、どっちが冷たいか実験

ビーカー染め
ビーカー染め体験

とにかく全ての授業がとっても面白かったのですが、印象的だったのはウールの実力!これから山に登る時は絶対ウールで登ろうと思いました。

それから一つの織物に関わってる人の多さに驚きました。こんなに多くの人の手と多くの工程を経て生地が出来上がるんだと思うと、本当になんというか脱帽!という感じです・・

そしてやっぱり尾州産地のすごさ。先生が「この業界で食っていくなら、産地にいないと何もできんぞ」とおっしゃっていましたが、すごい技術と職人の手がこんなところにぎっしり詰まっているんだという事を肌で感じました。そして何より先生方の情熱が熱すぎて少し自分が恥かしくなりました。
あの情熱が産地を支えてるんだなと、よくテレビで見るようなドラマチックな印象さえ受けました。

私たちはこの恩返しに今年の末にある「ジャパン・テキスタイルコンテスト2009」に出展しなくてはなりません。

私のちっぽけな情熱が牙を出し先生をうならす事ができるのでしょうか・・・がんばれ私!
にゃー!


↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ




絞り見学の後、岡崎のクラスメイト家に泊まり、翌8月4日は名古屋徘徊。

ここで一つ私情を挟むと、私は隣の浜松出身だからか名古屋はあんまりいいイメージがない。
なんか私らと性質が違う気がするのだ。

ともあれ最初に行ったのは「トヨタテクノミュージアム」。今TOYOTAといえば車だけど、もともと織機を作っていた会社なのだ。昔の織機があるらしい。
(ちなみに豊田佐吉はもともと生まれは三河じゃなくて、私と同じ遠州なのだ!エヘン)

ガラ紡績機
「おっ!これはこないだ噂に聞いたガラ紡ではないかっ!」

ジェニー紡績機
「おおーっこれは授業でやったジェニー紡績機!こんなとこに!」

もちろんG型無停止杼換式豊田自動織機とかもあり、歴代のスターたちが一同に会した様な華やかさ・・織機や紡績機だけでお腹いっぱいでとても車館とか見てられませんでした。
なんとはなしに行きましたが、後にとても役に立つ事もありました。


その次は愛知県美術館で開催していた「アーツ&クラフツ展 ウィリアム・モリスから民芸まで」
を見てきました。お母さんと喧嘩して家出した時に入った浜松の古美術商のおじさんがお薦めしてくれたのです。

展示会では自分の見る目を鍛えようと必死にいろいろ見てきましたが、飽きる事なくかなり楽しめました。特に文化センター1階のアート雑貨&本屋さん・・・また行きたいなー・・あんなとこ浜松にないしナ・・・

本当ははるひ美術館で開催しているひびのこづえの展覧会にも行きたかったけどこの日は猛暑で動きが鈍く、タイムアップ!


「しょせんデカイ田舎。にゃ古屋にゃ、何にもないら~」と思っていたが・・・あにゃどれん・・


↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ
今年はかつてない程充実した夏休みとなりました。
いろんな事がいっぱいあったのですこしずつご報告。

まず8月2日。実家に帰って母と喧嘩をして生まれて初めて家出をしました(約半日)・・・。
なんてそんな報告はさておき、8月3日はお隣の愛知で有松・鳴海絞の職人・村瀬裕さんにお会いしお話を聞いてきました。

有松のトイレ
有松はトイレまで絞り模様


村瀬さんは92年の世界絞り会議を機に日本の絞りや伝統産業のあり方を考え直し、新しい絞り・伝統産業の道を模索され色々な事に精力的に挑戦されています。
今日本の伝統工芸はどこも人手不足だったり、量産品に押されて値崩れしたりで本当に悲惨な状態ですが、村瀬さんを見ていると、やっぱりアイデア次第でなんとかなる!という事をすごく感じます。

現在ではSOU・SOUさんとのコラボレーションが有名だと思いますが、ファッションだけでなく”長く愛用してもらえる”という観点からインテリアの方に力を入れていらっしゃいます。

ちなみに息子さんが最近ドイツで代理店を出され、繊研新聞にもでっかく掲載されていました。
≫ホームページはこちらから

他にも沢山面白い話をしてもらいましたがとても書ききれません!とにかく面白くてパワフルな方で、すっかり絞りの世界に魅了されてしまいました。こないだまで銘仙銘仙とはしゃいでいた頭に"絞り"妄想がすっかり上書きされました。

せっかく有松の古い町並みを歩いたのですが、暑くて全く写真を撮りませんでした・・
有松・鳴海絞会館のHPからどうぞ・・・私たちもここで絞り体験をしてきました!また作品は後日アップしますー


↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。