上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月の研修旅行で森安さんに作ってもらった、私デザインの帽子が放置されていました。
9月で前期の授業が終わるので、途中の作品も全部完成させなければいけまっせん!というお達しが出て、3ヶ月たってやっと飾りを作りました。(森安さん・・すいまっせん!)

カード織の飾り
構想3ヶ月のカード織・・・。洋服は市販のものでーす

途中になってた中にカード織もありました。やっぱりちゃんと続けたいと思ってカード織でリボン状の飾りをつけました。ボンボンと長い房が後ろの方についています。
もっとちゃんと追求したいのですが、よそ見ばっかしちゃってます。

この洋服を見るとおり、私はアジアン雑貨とか服が大好きでカード織のカラーもそっち系を意識しました。しかし、ガラは袴姿の女の子。だったんですが、失敗したのでかなりヒキの写真になりました・・・

今回のカード織は4作目で、スピードが速くなり整経から完成まで半日でできました。
色は気に入ってますが、まだまだ完成度は低いです。そして腰が痛いです・・・


↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
近代日本の「手芸」とジェンダー


土曜日に山崎明子さんの講義がありました。彼女は「近代日本の「手芸」とジェンダー 」という本の著者であり、近代日本において手芸というものが「女性らしい趣味」と一般的にとらえられているのではないかと考え、ジェンダーの視点からいろいろ研究をされている方です。

講義では先生がクロスステッチの刺繍・陶器・編みかご・スモッグなど様々な種類の作品を見せて「これは工芸か?それとも手芸か?どちらか選択してみてください」という質問から始まり、一般的な手芸のイメージを浮かびあがらせ、ではなぜそのようにイメージするようになったかをいろいろお話してくれました。

最終的には手芸と思われるものは、工芸・芸術作品と比べて地位が低くとられがちであり、女性の手づくり作品を軽視し、正しい評価が行われていない現状がある事を危ぶむべきだという事でした。

私はこんな研究している人もいるんだとそれが一番印象的でした。世の中の偏見や格差がいろいろあってぐるぐるしているけど、作り手はまわりのぐるぐるに惑わされず、真ん中でひっそりといいものを作り続けるだけだと思います。価値を認めてくれる人は絶対いるはずですもんね。


↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。