上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これも夏休みの移動中に読んだ本

堀切辰一さんの「布がかたる戦争」
布が語る戦争

布のお話というよりも戦争メインの物語です。一番最初のモスリンのねんねこのお話では電車の中で人目をはばからず大泣きしました。かなり重い重い戦争の悲しいお話です。

堀切さんは同様の布に関係した小説を他にも書いてらっしゃるみたいです。

でもやっぱり布も人の思い出に大きく関わっているんだなぁと思いました。確かに自分の小さな頃の服やハンカチって大人になっても忘れず印象深いですもんね。


↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
夏休みの移動用に読みやすい本を読んだのでご紹介。

川島で学ぼうというアナタに。まずはジンベエさん入門書です。
川島甚兵衛覚書

覚書と書くと難しいですが、川島織物創設者の川島甚兵衛さんの伝記です。
京都で成功して、おばあちゃんに会いに行くシーンが泣けました本当に努力の人だったというか、素晴らしすぎる人物です・・・。

読みやすいので是非どーぞ。
2009.09.15 布を織る
1年生はA班とB班に分かれて織の授業を受けています。私はA班で今綴れ織をしていますが、B班は「布を織る」という授業で9mの布を織っています。

去年の布を織るの授業の様子

8月24日から織の準備を始めて次の授業からやっと織始めるそうです。

綜絖通し
コレは1200本の経糸を綜絖通ししているB班リーダー

綜絖通し
いつも賑やかB班メンバーもこの日は大人しくすっぽり機の中に納まってました・・・アレ?

綜絖通し
1人要介護の人が・・・

きっと腰が痛いんだね・・・きっと苦労した分素晴らしい布が出来るよ・・
私たちA班も後期で布を織ります。楽しみだけど恐ろしい・・とりあえずB班の皆がんばレー!



↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。