上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.05.14 綿の種
私は去年何度か香川県観音寺市にある豊浜郷土資料館で機織や糸作りの体験をさせてもらった事がありました。
豊浜周辺は昔は綿の産地だったそうで、今でもその文化を残そうと地元の方々が綿の栽培を続けています。ただ、恐らく商品としての生産ではなく、自分が使う分だけという方がほとんどだと思います。

さて、そこでまた私はちゃっかり綿の種をもらってきました。栽培までは見ることができなかったので、来年自分で育ててみようと思っていたのですが、学校の理事長先生に相談したら「学校で育てていいよ」とめでたく許可をいただきました。

今日は家でその下準備。

綿の種
これが綿の種だー

一番左のが豊浜の種。日本とアメリカ(かアジア)の混合種。ちょっとうるおぼえ・・
右の二つは今回別の種屋さんで買っておいた、日本の綿の種と茶色の綿ができる茶綿の種。
まず発芽の邪魔になるので、種の周りの綿をよく取ります。

綿の種
水につけてよくモミモミ

綿の種
ティッシュをかぶせて1週間くらい待て。

ということらしいです。もう畑は理事長先生が藍と紅花の横に用意してくれているそうです。
うまくいくかなー・・・1週間後にまたレポートしまーす。


↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://333shimi.blog34.fc2.com/tb.php/29-0184037c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。