上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は授業が3時で終わり、雨が降っていたので嫌だなーと思いつつも合羽着て四条まで原付でひとっぱしりして、タペストリーの展示会「Ori rhythm」に行ってきました。

タペストリー展
タペストリーってのは壁掛けの事でございやす

そこでは、夕方から「キャンベラで開催された国際タペストリー会議報告と世界のタペストリー事情」というテーマで京都芸大の教授による講演会がありました。ただで話が聞けるならと貧乏根性で行ったんですが、やっぱり頑張って良かったです。

スクリーンで写真と一緒に、テンポ良く話していただいたお話は、主に海外の作家さんの作品の紹介と、オーストラリアのタペストリー制作会社の事や大学の事、オーストラリアでのタペストリー事情でした。

オーストラリアではフランスと同じくらいタペストリーが生活の中にあって、会社や公共の場所などでは大きなタペストリーがよく飾られているそうです。絵画をタペストリーにしたものが主なようです。オートラリアの乾燥した空気や景色がそうさせるのかもしれないけれど、温かみのあるタペストリーは温厚なオーストラリア人の気質にも合っているのではないかと、推測されていました。

また、オーストラリアでは何かの記念、何かの為に、皆で同じものを作る事をとても誇りに考えているそうで、そうして皆で作ったものを皆で愛するというのが素敵だともおっしゃっていました。

あと少ししたら、私たちも綴れ織りを練習してタペストリーを制作します。その前にいろいろ作品を見てお話を聞けて良かったです。

展示会は明日の日曜まで「室町アートコート」で開催してまーす。


↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://333shimi.blog34.fc2.com/tb.php/32-bfb6b822
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。