上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.07.13 絹糸を紡ぐ
今日はお蚕さんから絹糸をつむぎました!私はかなりこれをやってみたかったのです。

まず繭をお湯に入れて沸騰させ、20から30分くらいしてお蚕さんがふやけてきたら糸をずるずるっと出して木枠に巻いていきます。

蚕を煮る
ズルズルーー

うまいことやれば、1つの繭から1000m以上の1本の糸が採れます。綿などの短繊維のものに比べたらいちいち撚ったりつなげたりしなくていいから、すごい事です。

どんどん糸をとっていくと、糸がうまくとれなくなるのでそこらへんで終了。
小さくなった繭からお蚕さんを出します。

お蚕様
このレーズンみたいなのがお蚕さま。堪忍しとくれー

外側の繭は、絹だけど「真綿」というもので、布団の中に入れたり、糸に紡いで紬の着物になったりして用途がたくさんあります。私はみんなの分をハサミで開けてお蚕さんを出して真綿を確保しました。今日一番ハードな作業でした・・・。

真綿
主のいなくなったおうち。これだけだとなんかかわいいです。
さあ、これで何つくろー。

絹
これが今日紡いだ絹糸。

これではぐちゃぐちゃなので織物には出来ません。
藤づるもウールもそうだけど、糸を作るってーのはホント気合が要ります。でも嫌いじゃーないかな・・


↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://333shimi.blog34.fc2.com/tb.php/63-42706a64
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。