上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、ゆかた祭りに汗だくだくのゆかた姿でたたずむ私に、職人さんが「向いで糸紡ぎしてるよ」と教えてくれ(これは追っ払われたのか?)、「糸紡ぎくらい知っとるわ」と思いつつも覗いてみたら、いきなり知らない言葉をふられました。

「織りのお勉強してるなら、ガラ紡って知ってるでしょ?」

ガラ紡???????????

いきなりタジタジになりました。知らん!

ガラ紡の詳細は私が説明するよりココとかココを見てください。
ガラ紡タオル
これが実際のガラ紡で紡いだ布。ぼこぼこしてて不均一な糸です。

そして私が出会ったのが、NPO法人ガラ紡愛好会の人々。

いやー我が地元でそんな事をしてらっしゃる方がいるとは。
早速ここでもガラ紡工場(というか機械?)の見学をチャッカリ依頼。まだまだガラ紡機を定期的に動かすには時間がかかりそうですが、和綿の栽培は進んでいるみたいです。

ガラ紡製品
早速ふきんも買ってみました。

これで体を石鹸なしで洗ってみました。まだ使い始めだから良いか悪いかなんとも言えないけど、普段ヘチマで体を洗い、手ぬぐいで垢すりをしている私の印象としては、ちょうどその両者の中間というか、なんかキュッキュします。洗うと。


何よりこの日は、浜松ってすごいじゃん、面白いじゃん!と嬉しくなりました。注染やらガラ紡やら和綿やら、他にも伊兵衛織りも見学したいし、地元の魅力を初めて感じかなり嬉しくなりました。
工業地帯の間をぬって浜松綿畑が広がる風景を想像しました。そうなったらイイナー。


↓↓ワン・ツークリックで応援お願いします♪
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://333shimi.blog34.fc2.com/tb.php/68-1c7d59a8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。